FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

生まれて良かった!と言えるように。

2013年08月09日
お祖父ちゃんがいて
お祖母ちゃんがいて
父がいて
母がいて
おじちゃんがいて
おばちゃんがいて
いとこがいて
兄がいて

山の細い道をとことこ上がると
お墓がたくさんあって
毎年 「このお墓が  誰々の墓で・・」って聞くんだけど
覚えられなかった

母は一番可愛がっていて弟が戦死したことを
いつも嘆いていた

墓参りを終えて帰る時は
いつも「ヒグラシ」が鳴いていた

だから「ヒグラシ」は 
幼い頃から 物悲しい



父も母も逝ってしまった

父は被爆者で
母も満州に渡り壮絶な人生を歩んで来た
二人とも口では言えないほどの経験をしてきた

二人は世羅という地に 生まれ育ち
そして私たち兄妹を育ててくれた


8/6 原爆の日
翌日8/7に父と母を 世羅から三原に移しました。


兄の家にかけた遺影は
嬉しそうだった
賑やかなひ孫の声が聞こえる場所



これから
新しいお墓への道は
やっぱり細い道をあがるの^^
兄と私と
そして少しずつ増えていく家族が・・・

また孫たちに
「誰々のお墓なんだよ」って教えてあげるの^^

そして「ヒグラシ」が鳴いてね。







今日は長崎に原爆が投下された日。
そして・・・8/15、日本は終戦を迎えます。

世界中が平和と言う日はいまだ来ない。
宗教戦争、テロ、核兵器による恐怖。
幼児虐待、いじめ・・

8/6の平和式典で
広島の松井市長は 5人の被爆体験を語られた
そのうちの一人のかたの言葉
「生きていてよかったと思うことは一度もなかった」


傷ついた心を・身体を取り戻すのに
一生では足りなかったという事ですね。





この世の人たちが
そして生まれ来る子供たちが
平和に 元気に暮らせる毎日でありますように。




 「シルクの月」 詩:曲 きくち寛
           カバー:黒飛伸二
        http://www.youtube.com/watch?v=CWt39UyXZuY
   
  シルクの月に照らされた地球が
  ずっと ずっと 
  優しく輝いていますように


  お父さんお母さん。
    子供たちをしっかり抱きしめてやって下さい。
    子供たちのために、美味しいご飯を作ってやって下さい。








スポンサーサイト



未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |